サイドカーでユーラシア大陸を横断したい

あらすじ:
・モンゴル帝国への憧れが再燃
・ヨーロッパまで陸路で、サイドカーで到達したい
・To doリストとスケジュール組まなければ

先日のサイドカー熱再燃 に加え、最近COTEN radioでモンゴル帝国の話を聴いていて、そうだ、俺は「スーホの白い馬」以来、ずっとモンゴルに憧れてたんだと思い出しました。そんな中、 こんなん見つけてしまいました。ぬぁぁ。

直訳「972回の故障ーニューヨークへの道のりの途上で」。5人のドイツの若者が4台のサイドカー に乗り、ドイツを出発、ユーラシア大陸を横断し、ベーリング海峡を渡り、ニューヨークに向かうというドキュメンタリー。胸熱過ぎる。

で、影響受けやすい私は早速考えたんです。サイドカーでヨーロッパまで行けるかな?と。

まずはGoogle mapで、距離感を確認。

うぇぇぇ、、、車で高速乗って淡路島まで行くのも結構疲れるのに、この距離・・陸路で行くとどんだけ時間かかるんだ?でも、ググってみると、結構いろんな方が車やバイクでユーラシア大陸横断されているので、やってやれないことは無いんでしょう、多分。プロ野球選手になるよりは簡単だと思います。多分。

復路はどうしよう・・行きはモンゴルーロシアー東欧という流れで、復路はスペインからジブラルタル海峡を渡って北アフリカ→中東→チベット→中国→日本なんていうルートを妄想。イヤ、ギリシャ→イスタンブール→ジョージア→カザフスタンというルートも熱い。妄想が膨らむ・・

 

とにかくやるべきことをリストアップしてみます。

1.サイドカーを買う
2.長期休暇を取る

・・・あれ?基本これだけでできちゃうんじゃないか?意外と楽勝なんじゃないか?笑笑 1.より2.が難しい気がする。誰か、私がヨーロッパ出張している間、お店の運営助けて。

いずれにせよ、これは体力(というより耐久性)の要る仕事なので、少しでも若いうちにやっちゃわないと。

 

 

shoguito

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。