Cybertruckが欲しい→挫折中

image

最終更新日

Comments: 0

<あらすじ>
・テスラのCybertruckに一目惚れ。めちゃくちゃ欲しい。
・生産開始は2021年末(予定)。工場も建設開始。めちゃくちゃ欲しい。
・2020年9月の発表で、CTは米国限定モデルになるとの事。ぬうう

<本文>
元々、自動車部品のマーケティング部門で働いていたので、いわゆる(内燃機関で動く)普通の自動車が凄く好きだったのです。ハイブリッドや、ましてや電気自動車なんて邪道だと思っていました。そんな僕が、2019年末に発表されたこいつに完全にハマりました。

デロリアン以来の、ステンレス剥き出し無塗装、曲線美を完全否定するデザイン、鉄球をぶつけても割れない(予定)のアーマーガラス、防弾仕様かつ加速性能はポルシェに匹敵。生きてるうちにこんな厨二病の塊サイバーパンクな車に出会えるとは・・しかも最低価格39,000USD! 日本に来ればざっくり550万円ぐらい?(model3の価格差からの勝手なイメージ)車幅およそ2メートル、全長5.8メートル!でかいけど、細い道を通らなければ問題無

ちゃっかり(家族に内緒で)オンライン予約も完了し、2021年末の生産開始をウキウキと待っていたんですよ、ここ半年ぐらい。FacebookのCybertruckグループにも複数入り、主にアメリカ人が、やれスペックはどうだ、オプションはどうだと色々議論したり、生産工場がテキサスに決まり、メンバーの誰かが毎日工場予定地上空にドローンを飛ばして、進捗状況をレポートしたりしてるのを見ながら、ウキウキ待ってたんですよ、ここ半年ぐらい。

ところが、、、9月のBattery day?にて、イーロンマスク氏が「サイバートラックは米国市場向け。他の市場向けはもう少し小さいモデルを検討」とコメントしたとか、してないとか。(Facebookグループで誰かが言ってたんです)マジか・・

確かに、プロトタイプはワイパーもサイドミラーも無く、これはEU規制をクリアできないと前々から言われていました。日本にも来ないのかなぁ。。。でも、わずかな望みをかけて予約申し込みの直通リンクを張っておきます。みんなでCybertruckを買おう!

shoguito

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。