ロッキード・ラウンジとブルーハーツをめぐる冒険

デザイナー:マーク・ニューソン

チェア名:ロッキード・ラウンジ

材質:アルミニウム板、FRP

[br]

風を砕くのは銀色のボディ
謎のイニシャルは誰かの名前(ザ・ブルーハーツ『1985』)

はじめてこのチェアを見た時、とっさに思いついたのがブルーハーツのこの曲だったけれど、これがあながち間違いでもなかった!というのも、このロッキード・ラウンジ、製作が1986年なんです。彼がシドニーの美術大学を卒業後すぐに製作され、一気に有名になった作品です。

 

そして、偶然の一致はまだまだ続きます。現在はロンドン在住、既に大御所プロダクトデザイナーのマーク・ニューソン、飛行機のデザインにも関わっています。もちろん爆撃機の設計やるわけじゃないですが・・カンタス航空の座席のデザイン等やっておられます。

 

しかも、もうひとつ。ロッキードラウンジ製作の翌年、なんと東京に移住し、1991年にパリに引っ越すまで住んでたんですって。1987年はブルーハーツがメジャーデビューし、90年代初頭まで精力的に活動していた時期じゃないか。マークさんがブルハのライブで激しくヘッドバンギングしてたかも??と考えるだけで嬉しくなってしまいます。

 

さて話はちょっとチェアに戻ります。FRPボディにアルミニウム合板をリペットで打ち付けた、座り心地無視(多分)のこのマスターピース、2009年のオークションで何と110万ポンドで落札されています。本日のポンド円レートだと約1600万円ですよ・・・

 

まとめ。マーク・ニューソン氏は、メジャーデビュー前のブルーハーツ『1985』を聴いて衝撃を受け、卒業後すぐに「ロッキード・ラウンジ」を製作、東京に移住しブルハの熱狂的なファンに。ブルハも、ニューソン氏がパリに移住後、1992年にお別れの歌『Too much pain』を発表。うーん我ながらうまいことできた深読みだ。ただ、B29を作ったのはロッキードじゃなく、ボーイングなんですけどね・・・

 

Source:Wikipedia

shoguito

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。