故障したベースを500円で修理できた話

ざっくり言うと:

・安物ベースのピエゾピックアップが故障。ギター修理工房を2件ハシゴするも治らず。

・Amazonで売ってた謎の部品を購入、自分で付け替えたら、一発で治った!

・「他人に任せる」と「自分でやる」、場合によってはどっちがいいんでしょうね、難しいなぁ。。

☆★★

ループステーションでベースラインをループさせて、ギターソロを乗せて、その間足でドラムを叩き続ける・・・という変態行為がどうしてもしたくなったのです。じゃあ、ベースとギターのツインネックが要るじゃあないか!ネットで色々探すも、なかなか売ってないんですよね、、あるとすれば

リッケンバッカーか(カッコ良いんですがお値段がべらぼう・・)

ダンエレクトロか。(お値段手頃ですがデザインがちょっと・・)

あと気になったのが、大体ベースが上なんですよね、、どっちかっていうとベースを下にしたい。でも決めきれてないというか、実際弾いてみないとなんとも言えないというか。結局、トラベラーギターを使って自作するのが良いんじゃないかという結論になりまして、完成したのがコチラ

(以下、自画自賛)これ良いんですよマジで!本体を強力磁石でつないでるので、移動時はバラしてコンパクトに持ち運びできます。また、奏法に応じてギターとベース、どっちを上にもできる!さらに、エレキギターに飽きたら同じシリーズのガットギターに付け替えることもできる!(自画自賛終わり)

★☆★

さて、ここからが本題。

そんな感じで楽しくなってしばらく遊んでいると、問題発生。ベースの音が出たり出なくなったりし始めました。ヤフオクで安く入手してるし、しゃあないですね、、とりあえずリペア屋さんに相談すると、「サドルとピエゾの接触が悪いのでは?」ということでサドル端面を研磨してもらい、一旦治る。が、帰って弾いていると再び音切れが、、もう一度持って行き、また治るがまた音切れ。何これ?別の楽器屋さんに持って行き相談すると、「リペアマン修理に出すと2-3万はかかるかも。2-3万で買ったベースの修理にそれだけかけるのはアレだし、ぶっちゃけアマゾンで格安で売ってるピエゾを付け替えた方が良い気がしますよ」とアドバイス頂き、早速部品取り寄せて(念の為、いろんなピエゾを買って、総額500円)自力で付け替えたら、、、、完璧に治った!!

(最終的に500円程度で治ってますが、そこに至るまでリペア屋さんにお礼したり、そもそも楽器を持ってあっちこっちウロウロしているので、、、)

★★☆

最初から部品を取り寄せていれば、最短でゴールに辿り着けたのに。何ヶ月も悩んだり調べたり移動したりする必要が無かったのに、、でも、ネットでしばらく検索した程度では、自力で修理するという意思決定ができなかったんです。廻り道をして、結局自力でやってみることで、ネット検索で知り得なかった知識と経験が得られた。この出来事、仕事含め生活の中で出てくるいろんな選択肢をどう選ぶか?という問題に何か重要なヒントを与えてくれた気がするんですよ。

どんな局面で他人(専門家)に任せ、または自分でやるのか?私は今まで結構いろんなこと自分でやりがちで、最近ようやく誰かに任せることに慣れてきたんですが、場合によっては1人でやっちゃうのが良い時もあるよな、、と思ったり。

結論、無し!以上!

shoguito

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。