集団と組織についての考察

昨日、大学時代の悪友と久々に会って、酒飲みに行ったんですよ。


彼とは1年半ぶりに出会い頭にベルリンのユダヤ人博物館の建築物の外観について論じ合うぐらいの奇妙な仲なんですが、昨日はひとつ、あぁオマエの言ってることすごいわかるぞというテーマがあったので、忘れないうちにメモします。


彼に言わせると、集団には二種類あって、ひとつは命令に貫かれた集団、もうひとつは目的に貫かれた集団。


命令に貫かれた集団は、普通の会社とかを想像してもらえれば。例えばぼくの前の会社は(注;現在有給消化中で、あ、今日が建前上最終日だ!笑)クルマのエアコン売ってるんですが、ぼくが私的にめちゃめちゃクルマのエアコンが好きで、もぅうちの会社のエアコン最高!夜も抱いて寝たいくらい!とか思ってるわけじゃないんですよね。ぼくがこのエアコン売ろうとするのは、それが上司の命令であって、背けば首を切られるからです。そういう集団は命令によって貫かれた堅固なヒエラルキー構造を持ち、個々のエージェント(その集団を構成している各人)は組織化される。恐らく、「命令によって上から貫かれながら自己組織化を繰り返す集団」という言い方をしても間違いないと思う。


(公的な自己/私的な自己の対立を想像しながら書いてます。もっと言えば、いつかどこかで小林よしのりが書いてた「公⇔私」「集⇔個」の対立を想像しながら書いてます。)


一方、目的に貫かれた集団は、逆なんですね、ある目的があって、ぼくはその目的を私的に信奉していて、そこに至るために思考・行動する。集団に対する命令は無く、それが集団として成り立っているのは、ひとえにその目的を共有しているという意識のため。目的の前に、個々のエージェントはそれぞれ独立している(横並び)。


こんな集団は、どんな集団?宗教集団が最たる例でしょう。上記文章の「目的」という字を「神」に換えても、キレイに意味が通ります。


と、こんな話をしてたんですが、この話が非常に面白いと思ったのは、つい前日に別の悪友に陥れられ、なんかマルチ商法の会社のセミナーに参加したからです。まぁ話はある程度ポジティブに理解したんですが、何か胡散臭い雰囲気が残ってた。なんやろう、この胡散臭い感覚は??とずっと考えてて、答えは、その集団が「目的に貫かれた集団」だからだってことに気づいたんです。


ぼくらは、恐らく殆どの人は、命令に貫かれた集団に属してるのだと思う。そこでは公と私が分断されていて、ある意味で「二重生活」になっている。ところが目的に貫かれた集団では、公と私の境界線が限りなく曖昧になり、だからこそ個々人の仕事量が二倍になる。そりゃ強いわけだよ・・・そしてその強靭さや生命力は外部から見て脅威に映るのだろう。それがぼくらが感じる(恐怖から来る)胡散臭さの原因なのだろう。


もうちょっと突っ込んでみると、目的に貫かれた集団が、利益分配構造によって自己組織化をはじめると、めちゃめちゃ強くなるという事も言えるんじゃないでしょうか。カトリック教会然り・・・


いずれにしてもそのセミナーは初体験という事で非常に興味深かった。但し、哲学的な深さは感じられませんでしたけどね。ヌルかった(笑 ちょっと辛口)


ぼく、公私共に胡散臭くなっていってるなぁ・・・・仕事始める前に、チベットか高野山にでも篭って修行した方がええんとちゃうかと真面目に思う27歳の秋。合掌。

4 thoughts on “集団と組織についての考察

  1. チベット行くときは一緒に連れて行ってください。
    友達がさ、イギリスの大学の論文で「日本人の集団行動原理」について書いてたよ。やっぱり集団行動原理も国によって違うんだろうね~。とか思わない??

  2. 英語だよー。読めるの~?(笑)私は多分3行でギブアップだと思う。。
    チベット行くのに酸素マスクって必要だよね。。?

  3. 興味深く読みました。
    後者(目的の集団)に「集団への命令はなく」とありますが、宗教集団でも「リンチ」だの「ポア」だのありましたよね。迷いが生じなければ、命令=目的となるんですかね。
    自分はどちらに属しているんだろうと考えたのですが、う~む。病院と学校です。一応目的に貫かれているようですが、命令によって貫かれている感があり、、、。
    ただ、一人職種なので、自分自身は集団への帰属感が少ない。もともと集団が苦手というのもあるのだけど。
    胡散臭いマルチ会社というのも気になるなぁ。
    波動水とかそういうの?
    この際、幸せになる風水家具とか売り出すとかw

  4. 冗談だよ~!あなたは読めるよ、絶対に!私は無理。。前置き制覇するのに1年ぐらい掛かりそう。
    え~HISじゃダメなの~?じゃあモンゴルから入る??

コメントを残す