和歌山の気概・エカワ珈琲店のブログは自営業のエスプリに富んでいる

たどり着いた経緯:
ブックマークから池田信夫ブログWikipediaで「民主党結成のエピソード」→「排除の論理」をGoogle検索→エカワ珈琲店ブログ
そしてあなたは和歌山城の近く、エカワ珈琲店にたどりつく。



★★★



まだ全部のエントリ読みきれてませんが、「個人事業主」という生き方を真面目に考え抜いた、素直な言葉が並んでいると感じます。扱う商品は違えど、「そうそう、そのとおり!そう考えちゃうんですよね、どうしても!」という感じというか、何というか。



物凄く単純に考えれば、「良い商品を安く提供できればお客さんはついてくる」なんですが、それはひとつの理論としてはまぁその通りなんですが、実際の売買活動はそんな一筋縄にはいかないのです。それが「物語性」という要素。



物語の伝達には、言葉、伝統、感情、地位、信念、共感、信頼、友情などが微妙に絡み合ったコミュニケーションのネットワークが必要で、最初はゆっくりと時間をかけて、そして、ある段階からはスピードを増して伝達していくわけです。


日本のどこかに、というか隣の県に、こんな言葉をつむぎだせるコーヒー屋さんがいることをとっても嬉しく思います。今度和歌山遠征する際には、是非お邪魔したいと思います。


飲食業界だけじゃない、どんな業種でも、自営業している人は3日ぐらいかけてじっくり読みたい(ベタ誉め)。

http://ekawa.hatenadiary.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。