Tag Archives: 東京奇譚集

言語とコミュニケーション

ベッドの中の正しい答え

「彼女は魅力的なの?」「じゅうぶん魅力的だと思う」と淳平は言った。「でも君ほどじゃない」
キリエは笑って、淳平の首にキスをした。「それって、正しい答えよね」
「正しい答えが必要とされるときには、正しい答えを返すことにしている」
「とくにベッドの中では」
「とくにベッドの中では」と彼は言った。 
(村上春樹『東京奇譚集』より「日々移動する腎臓のかたちをした石」より引用)

read more »