その他

医者になろうと思って挫折した話

(この話をするのは結構、恥ずかしいのですが、将来、二の轍を踏まないためにも、敢えて晒そうと思います。)


最近、遅ればせながら『新ブラックジャックによろしく』を読んだんです。何かにつけて影響されやすい私のことですから、すっかりのぼせて、「おれ、医者になる!」と思い立ちました。33歳なのに。外国語大学卒業なのに。家具屋なのに。嫁も子供もいるのに。

read more »

言語とコミュニケーション

誕生日の歌を無差別に歌い続けます

私、先日33歳の誕生日を迎え、イヤ、その日は誰とも会わず、一日中(夜中まで)事務所でパソコンに向かっていたのですが、いろんな人に誕生日を祝ってもらったので、とても楽しい一日でした。特に、これ。

こんなものを貰ったら、もぅ止まるわけにはいきません。結論から言うと、2012年一年間続けた「誕生日に誕生日の歌を無差別に歌う」企画を、もう一段進めて、「誕生日に誕生日の歌をもっと無差別に歌う」ことにしました。(詳細はこちら。

read more »

椅子中毒

「ダイニングチェア」と「リビングダイニングチェア」の違いについて(*21)

「ワインは、飲んでみなきゃ、わからない!」と有名ワイン評論家の息子が言ったので、私も言います。「椅子は、座ってみなきゃ、わからない!」(ネタが古くてすいません・・)


真面目な話、椅子は、いちばん身体に近い家具で、現代人は(人によりますが)ほんとに一日中、その上で生活しているようなもんですから、ちゃんと選びたいと思うんです。


ということで本題。今回は、「ダイニングチェア(以下Dチェア)」と「リビングダイニングチェア(以下LDチェア)」の違いについて書いてみようと思います。登場いただくチェアは、飛騨産業「森のことば」SN210とSN250、「クレセント」のアームチェアSG261Aです。

read more »

本・映画等のレビュー

【本レビュー】デザイン、新・100の法則


私はほんとうにデザイン心というものが無くて、以前中国で作ってもらったソファも、せっかくいい生地を使ってスペックの高いものを作ってもらったのに、結局完売するまで3年もかかってしまいました。何を思ったか、アンティーク風のデザインにしたのが受けなかったようで・・・うーん、デザインって大事だなぁ・・

遅ればせながら、今年からは「デザイン」をちゃんと学びたいと思ったのです。

そして手に取ったこちらの本。数年前に購入しておいて、しっかり読みもせず放置していました。勿体ない。デザイン全般について、実例を交えてすっきりまとまっているので、かなり良いです。

 

read more »

Arts & Crafts

包丁の材質について

包丁に使われる材質は、高い切れ味はもちろん、折れたり曲がったりしない靭性(柔軟性)、砥いでも減らない対磨耗性、錆びに強い防錆性など、様々な特性が要求されます。


日本の刃物には、遠い昔に編み出された製鉄法と、現代の最先端技術が、見事に融合されています。下記は、当店で扱っている刃物に使われている材質の一覧とその説明です。

read more »

Arts & Crafts

日本の包丁生産地について

knifemap

上記の5つの地域:堺、三条、土佐山田、武生、関は日本の主要な包丁の産地です。

read more »

この人を見よ

Webのことならモリーさんに訊くよろし

「この人を見よ」は、面識がある、無いに関わらず、おぉ凄いなこの人!という方を賞賛するコーナーです。(野田秀樹『この人をほめよ』的な、褒めて殺す皮肉は一切含んでおりませんよ!)


さて、本日登場頂くのは、ウェブ製作の256dotの森川氏read more »

人工バイリンガリズム 言語とコミュニケーション

多言語教育の試みーはじめに

すいません。

私、世の中の「親バカ」な人々を、若干信じておりませんでした。

read more »

椅子中毒

ロッキード・ラウンジとブルーハーツをめぐる冒険(*20)

20130114-093209.jpg

デザイナー:マーク・ニューソン

チェア名:ロッキード・ラウンジ

材質:アルミニウム板、FRP


風を砕くのは銀色のボディ
謎のイニシャルは誰かの名前(ザ・ブルーハーツ『1985』)

read more »

椅子中毒

「穂高(ほだか)」ロッキングチェア(*19)

さて今回は、日本が誇る家具メーカー、「飛騨産業」の定番シリーズ「穂高」のロッキングチェアです。

read more »