言語とコミュニケーション

「売上は、二の次」と言い切る

昨日、ディズニーランドに行って感じた話をしました。


このエントリを書くちょっと前に来客があり、その方ともディズニーの話をして、結局(ホスピタリティの点で)「ディズニーはスゲーなー」という結論に達し、万歳三唱していたのです。

read more »

言語とコミュニケーション

先週、ディズニーランドに行ってきたのですが

正直、テーマパークは好きじゃないのです。しかもこのくそ暑いのに、何が悲しくて5分間の絶叫マシンの為に1時間待たなきゃならんのだと思ったりしていたわけです。


しかし初めて行くディズニーランド、特にディズニーシーの方には本当にびびりました。凄いというか、ここまで来ると鬼気迫るものを感じますね。細かいところまで全く手抜きのないところに、、、


今まで「奈良ドリームランド」と「あやめ池遊園地」(共に廃園)しか知らずに、それが遊園地の限界だと思いこんでいた私の井の中の蛙さ加減といったら、、バカ!


☆☆☆


いつも「魔物の棲むカフェ」「魔物の潜む場所」を探していて、そんな魔物的空間をつくりたいと思いながら、この「魔物」という言葉が何を指すのか、自分でもうまく言葉で説明できずにいましたが、TDL/TDSを彷徨いながらふと思ったのは、凄く大袈裟に言えば、その空間が偏執狂的につくられているかどうか、というのが重要なんじゃないかと思います。それは「物語性」の話でもあるし、「リアルとフィクションの境界線」の話でもある。少なくともディズニーランドは、日にざっくり7万人づつ呑み込んでいく、大きな大きな偏執狂的夢のお手本だなぁと思う訳です。

その他

歩くテーブル

いつもお世話になっております。
箱屋の八代目 堀内です。


ついさっきPCを立ち上げ、メールを開くと、メキシコ人インテリアデザイナーのエリカ嬢から、物凄い動画リンクが送られてきており、興奮さめやらぬうちに書いておこうと思った次第であります。

read more »

言語とコミュニケーション

EUREKA

今日は朝から「EUREKA」の文字が頭にへばりついて離れません、なぜか。


元ネタは、「アルキメデスがアルキメデスの原理を発見した際、叫んだとされる言葉」(byWikipedia)。本人は裸で走りながら無我夢中だったのかしりませんが、この言葉が多くの子供達を生み出していきます。

まともなエスプレッソを

Zassenhausのミルが凄いのはなぜ?

最近気付いたんですが、日頃コーヒーを挽くのに使っているメリタのカッティングミルが、どうも粗いんです。1番細かい目にしても粗い。エスプレッソやるなら限界まで細挽きにしないと!

その点、手回しミルながらZassenhausが凄いのはこれ。

read more »

言語とコミュニケーション

若干、真面目な話をひとつ:メジャーなもの、マイナーなもの

多分、10年くらいずっと考え続けていることなのです。
「メジャーなもの」と「マイナーなもの」との関係、組み合わせ、捉え方について。

read more »

ひとりでも楽団

JAM’s Factoryに行ってきました

昨日、こっそりと堺筋本町に繰り出し、いつも遊んでくれる優しいK社長と久しぶりにざっくりとビールでも飲むぞと勢いこみ、勢いこみ過ぎて、待ち合わせを1時間もはやく着きそうになりました。



おお、これはどこかで時間潰さねば、と日本橋駅で降り(この後、ICOCAカードーSuicaの関西版ーを失くしてしまうが、それはまた別の話。) 何かオモロいものないかなぁと駅周辺をうろうろしてみました。



すると、



怪しげなホテル街のど真ん中に、硬派なギター屋さんが!ちょうどエレキギター購入を考えてたので、相談してみようと中へ。



ギブソンのセミアコエレキを試奏させてもらってうっとり、、セミアコ、歪み系のエフェクターかけても意外とハウりませんね、いいです。見た目も渋いし。



いろいろお話を伺って、じゃそろそろ、、と帰りがけに!
image-20100819152745.png
フライヤーをいただきました。しかもピック付き。これはお洒落だ!嬉しくなったのでここで微力ながら宣伝することにしました。日本橋駅近くのJAM’s Factory、いいっすよ!(「箱屋さんに教えてもらった」言っても、店頭値引きはありませんよ、念のため。)
☆☆☆
そういえば、フランクフルト中央駅前にもCream Musicという老舗楽器店があって、これも怪しげな歓楽街のど真ん中にありました。因果関係があるんだろうか?

まともなエスプレッソを

コーヒーオタクに捧ぐ教科書のススメ

$『箱屋談義』箱屋の八代目のブログ-未設定

いつもお世話になっております。
箱屋の八代目 ホリウチです。

このところ、暑すぎて、自分焙煎を全くやっておりません。ドイツで入手したコーヒーミルの威力を早く試したいのに・・・

read more »

本・映画等のレビュー

おすすめ奈良マンガ『奈良のお宿の春日さん』

この癒し系は素晴らしいです。

奈良のお宿の春日さん

まともなエスプレッソを

アンティークのコーヒーミル

photo:01


ドイツで手に入れたコーヒーミル(これはLeinbrooks製)があまりに汚れていたのでクレンザーでキレイにすると、、表面塗装がっっっ!!剥がれてしまいました、、涙

仕方ないので一度塗装をぜんぶはがして、オイル塗装にしようかなと思っています。