【レビュー】M.Locuraを絶賛するエントリ

M.Locuraが凄いです。ほんとに。

☆☆☆


バンドネオンが入ってるあたり、ベースはタンゴですが(「クンパルシータ」や「リベルタンゴ」もやります)、アドリブ廻しの場面になると、暴れる暴れる。バイオリンのソロが(多分)ブルーノートだったり、時代劇調のフレーズが入ったり、古典ロックの名フレーズがこぼれたり、ピアノが超高速フレーズを刻んだり、コントラバスがジャカジャカコード弾きはじめたり、ボディで8ビートを叩きだしたり。(という動画は残念ながらYoutubeには落ちてません。ライブに足運ばないと体験できません。)


めちゃくちゃです。その名前(Mの狂気)が意味するとおり、狂ってます。狂気です。しかし、こんなに音楽的に洗練された狂気を弾き出せるユニット、世の中になかなか無いと思うんです。ほんとに。


☆☆☆


音楽には2種類あって、ひとつは楽譜に完璧に忠実な音楽。もうひとつは、ざっくりした枠組みだけ決めておいて、あとは各人、自由に遊ぶ音楽。M.Locuraは後者の面白さを追求してるように見えます。(もしくは、内輪でどれだけ楽しくやるかを追求しているのか?笑)


そして、それだけ音楽で笑って、遊んでも、全く落ちないクオリティ。4人の音楽的能力の高さには感動です。そりゃ、プロなんですから!と言われそうですが、逆に、音楽にプロもアマチュアも無いんじゃないでしょうか?だって、医者や弁護士と違って、免許要らないんですから!だからこそ、(多分「コンサルタント」という業界もそうなんでしょうが 笑) 自称プロって非常に多い。しかも、聴いてるほうも、慣れてないとあんまりわかんないですからね、何がいいのか、悪いのか。


☆☆☆


ということで、M.Locuraを絶賛するエントリでした。特に私の周りにたくさん居る自称ミュージシャン達には是非、一度観てほしいところです。奈良でちまちま音楽やるのと、東京で先鋭的な人々の中で先鋭的に音楽やるのとの違いがどんなものなのか、体感して欲しい。え?タンゴはアタシのジャンルじゃないって?だいじょうぶだよ、M.Locuraは辛うじてタンゴの体裁を取っているものの、前述のとおりバイオリンはブルースロック、ピアノは前衛ジャズ、ベースに至ってはグランジですよ、グランジ。(注:曲によっては、どタンゴの曲もあるのですが、遊んでる曲のほうが印象強くて・・・すいません)


そしてなんやかんや言いながら、バンドネオン北村氏は飄々とタンゴを弾き続ける感じ。立ち位置は多分、「教室でアホ遊びで騒いでる3人+先生が来るのを見張っている1人」のような気がします。イヤ、少なくとも、演奏中は。


☆☆☆


ということで、M.Locuraを盲目的に絶賛するエントリでした。一生ついていきます。また奈良来てくださいね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。