Manu Chaoライブについての走り書き

・ベース無し、ギター2本とドラムだけであそこまでやるのは流石。しかもマヌチャオ、ほとんどAmとEmのオープンコードしか弾いてない気がする。(その分、隣のギタリストが多彩だったけど)



・曲の作り方が、似たようなコード進行に短いフレーズの歌詞を繰り返し載せるスタイルなので、メロディ・コード進行・リズムの切替が自由自在(基本的にマヌチャオが司令塔)



・ベース無いのに、ギターの低音弦をベース音的に響かせているところがあった。あれは特殊なエフェクターなのか?どうやってるんだろう、、



・無理にMCなんてしなくてもいいよな。コンテンツがしっかりしていれば、オーディエンスはついてこれる。



なにはともあれ、初めて見たManu Chaoは、一分の隙も無く男前でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。