イタリアコーヒー豆の威力に脱帽

昨日、ウチの隠れ家で大学時代の悪友と定期会合を開いたのですが、テーマが「イタリアンカフェ」で、デザートにティラミスを作る為、コーヒーも私のテキトー自分焙煎ではなく、ちょっとイタリアンにいってみよう!と思い、ラバッツァの豆を購入。真空パックをあけてみると、恐ろしいまでの極細引き!これはハンドミルでは絶対無理だわ、カッティングミル買わなきゃ・・・

(解説:日設のK社長によると「エスプレッソは細かく挽くに限る!」らしい。ハンドミルはグラインディング(潰し挽き)の為どうしてもツブが粗くなるので、カッティングミルでないと上質のクレマが出ないらしい。)

とにかく一発、ラバッツァ豆でイタリアーンなエスプレッソを出してみる。

写真.jpg
豆蔵さんの魔術的エスプレッソには程遠いものの、かなり濃い色のクレマが出た!味も、濃いながらすっきり。舌の奥が痺れるような刺激味はまだ出せないなぁ・・・もう一息。

(かのんさん、豆蔵はブレンドも良いですが、エスプレッソが絶品ですよ!あとコーヒーゼリーも恐ろしく旨い!)

★★★

ちなみに、即席で作ったティラミスは、全然固まらず、「ティラミス風スイートソース」になってしまいました。無念・・・どうやったら固まるんじゃー!!涙

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。