「穂高(ほだか)」ロッキングチェア(*19)

さて今回は、日本が誇る家具メーカー、「飛騨産業」の定番シリーズ「穂高」のロッキングチェアです。


「穂高」は1969年に開始されて以来、もう半世紀近く、当時のデザインのままに続いているシリーズです。「ど」定番です。私は正直、あんまり昭和なクラシカルなデザインは好みじゃないのですが、ここまで偏執狂的に同じデザインで続けられたら、敬意を表さざるを得ません。こんなに長く売れ続けるって本当に凄い。


★★★


穂高のフラッグシップはリビングチェアなんですが、ロッキングチェアを入荷したので試乗してみました。

旧き良きウィンザータイプ。ナラ無垢材できっちり仕事してます。


肘掛け。この丸いところが、手のひらにすっぽり収まるのです。


ゆったり頭までもたせかけても、安心感、抜群です。


★★★


そういえば、ロッキングチェアって、100%リラックス用の椅子だなぁと改めて思いました。ノートパソコンを膝に乗せて仕事が出来ないでもないですが、ちょっと安定しないですし・・それより、こう、日当りの良い窓辺で思索に耽るとか(!)、冬の夜に暖炉の前で江戸川乱歩を読むとか(!)そういうシチュエーションが良いですね。プチブルか!


うーんロッキングチェア。そういえばSTOKKEの恐ろしいデザインのロッキングチェアもあった。あれも一度座ってみたい・・


「穂高」ロッキングチェア、気になった方は、こちらの詳細をご覧下さい♪

This post is also available in: 英語

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。