ヒッチハイカーが教えてくれたこと

昨日起こった出来事について、いろいろ考えさせられることがあったので、せっかくだからシェアしようと思います。

★★★

昨日の夕刻、奈良市内を車で走っていたときのこと。
道路沿いに、明らかにバックパッカーの外国人が傘をさして立っていました。

ヒッチハイカー特有のコミカルな動き
(あの、親指立ててくいくいってするやつです)

手には「北」と書かれた紙を持っています。

急ぎの用事も無かったので、とりあえず車を停めてみました。

私「どこ行きたいの?」
バ「京都、京都」

京都は無理ー!!笑 

でも、「ちょっとでも北に行けたらいい」というので、じゃとりあえず国道まで行くか、ちょうどぼくもそっち行くとこだったし、ということで、彼を乗せて走り出しました。

車内では、(賞味10分ぐらいしか話す時間は無かったんですが)どこから来て、どこ行くの?とか、そういうとりとめもない話をしました。物静かなベルギー人はすぐに黙り込むから、こっちの方が気遣うじゃないか。

で、ふと、疑問になったことを訊いてみたんです。
「あの紙、「北」って漠然と書かずに、京都に行きたいんなら「京都」って書けばいいんじゃないの?」

若者は即座に「あぁ、ダメダメ。それじゃ誰も停まってくれないよ。」

★★★

長崎に到着した彼は、3ヶ月かけて東京まで行こうと計画。
熊本からフェリーで松本に入り、そこから徳島まで、徒歩(!!)。

徳島から神戸はヒッチハイクしようと思い、道端で親指立てること30分。
誰も停まってくれない・・

そこで紙に「神戸」と書いて、それを見せながら再び親指立てること1時間。
だ、誰も停まってくれない・・

「神戸」の紙の裏に「北」と書き、上向きの矢印も添えてみた。
再度、親指立てること5分。
すぐに車が停まった!!!

★★★

確かに、私が通りかかったとき、紙に「京都」と書いてあれば、
「あ、ぼくじゃないね」と思って、停まってなかったと思います。

とりあえず何かやってみる。ダメなら試行錯誤し、あきらめずに挑戦する。
一度うまくいったら、それを繰り返しやってみる。

仕事でも遊びでも何するにしても、これが基本だよな。
教えてもらいました。ありがとう。

・・・あ、名前訊くの忘れてた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。