ドイツ・ベルギー潜伏その2

さて、今回の旅行のメインディッシュのひとつ、ベルリンへ行きます。


ドイツには通算3年くらい住みましたが、基本的に出不精で引き篭もりの為、いろんな人に「ベルリン行けよー」って言われながら、行ったことが無かったのでした。素直に行っときゃよかった、ほんとに・・・物凄い気に入りました。


★★★


berlin1.jpg
これはベルリンと全く関係ありませんが、途中のパーキングエリアのマックで見つけた椅子です。背もたれのくぼみデザインは、カバンを引っ掛けるためのものでしょうか。お洒落やなぁと思って・・・


berlin2.jpg
ハコちゃんとブランデンブルク門で記念撮影♪


berlin3.jpg
ベルリン到着後、一発目のBerlinerweisse(ベルリーナーヴァイセ)。ビールに怪しげな色のシロップを混ぜて、こんなおどろおどろしい色に仕上がります。甘くておいしい。


berlin4.jpg
Maultaschensuppe(モールタッシェンズッペ)。パスタに中詰めしたもののスープ。味は・・・大して旨く無い(涙)


berlin5.jpg
Warschauer Strの駅近くで降りてうろうろ。



この辺に、「ベルリン的アンダーグラウンドカルチャー」の本拠地のひとつがあります。ヤバイです。(廃虚好きのクワビエの吉田さん、ベルリンは行ってたんでしたっけ?)


berlin6.jpg


★★★


ベルリンの恐ろしいところは、廃虚であろうとなかろうと、アンダーグラウンド文化の”廃虚性”(と言えば聞こえがいいが、要はラクガキ文化)が侵食していくが、その”廃虚性”はとっても不器用で、まっすぐと怠惰が入り混じっていて、尖っているように見えてその実とっても優しい感じなんです。うまく言えないんですけど・・・他の都市(例えばパリやロンドン、もしくはフランクフルト)で、「落書き」という記号が持つ暗さ(多くの場合、貧困やマイノリティという記号につながる)が、なぜかベルリンでは感じられないんです。こんな落書きだらけの壁の前を、買い物帰りの主婦が通りかかって、「あらこの熊の絵かわいい」なんてつぶやくような。


『あぁ、優しいから、好きなんだ
ぼく、パンクロックが好きだ』


というブルーハーツの一節が凄くぴったりくる感じだと思いました。


音楽的、政治的、文化的なパンクロックの終着点は、ベルリンにあるんじゃないか?という気がしないでもない。少なくとも、ベルリンと同じ磁場は、世界中どこ探しても無い気がします、ぼくの知る限り。


ドイツ・ベルギー潜伏記(2010) その1 その2 その3 その4


Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/comments/?ids=http://shoguito.com/germany-belgium2/): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/shoguito/shoguito.com/public_html/wp-content/plugins/facebook-like-and-comment/comments.php on line 17

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/shoguito/shoguito.com/public_html/wp-content/plugins/facebook-like-and-comment/comments.php on line 19
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。