エヴァとハイロウズをつなぐもの論

ここ数日、ブログを更新せずに何をやっていたかというと、
仕事をするふりをして、エヴァンゲリオンをぶっ通しで(劇場版まで)観てました。
気付いたら朝になってました。いかん。仕事せねば。



ということで、仕事する前に本題:エヴァとハイロウズをつなぐものについて簡単にメモしたいと思います。それは勿論「14歳」というキーワードです。

この曲の第一声が「ジョナサン」だから、あぁかもめのジョナサン
か、と思わせるのですが、違う!これは囮で、本題は「一発目の弾丸は、眼球に命中」なのだ!



14歳の碇シンジ≒エヴァ初号機の眼球に、何が命中したのか?

第三使徒サキエルの光線状の槍が命中。”それはぼくの心臓ではなく、それはぼくの心に刺さった”→初号機の再起動/暴走。ほーら、つながった!笑



(ハイロウズはスキゾ的な方向を持っていると思う。「罪なら全部認めるが、罰を受けてる暇は無いぜ」(『罪と罰』)や「経験よりもスピードとパワー」(『ヤバンバ』)のフレーズがそれを物語る。それ以前に、マーシーは1stアルバムのジャケットで「explosion dada」のTシャツを着ていなかっただろうか?積み上げること、蓄積することに疑問を呈するハイロウズに、かもめのジョナサンは似合わないと思う。参考までに、「スキゾ」と「エヴァ」はこんな本でつながっている。)



海辺のカフカ』のカフカ少年は15歳だった。ニアミスだなー。キリよく14歳にしとけば良いのに。でも、エヴァも『海辺のカフカ』も『カラマーゾフの兄弟』も、ちゃーんと「父殺し」のテーマで繋がってるよなー。スメルジャコフは何歳だ?14歳じゃないのか?



結論は、エヴァもハイロウズも「オマエの14歳を忘れるな」という事なんだろうと思います。



ぼくの14歳はどんなんだったろうか?大方、塾で良い成績取ることに血道を上げていたのだろうと思う。多分、今(29歳)より老けてた気がします。あんまり思い出したくないなぁ・・・


参考:以前書いた「海辺のカフカ=うどん帝国の逆襲」論


Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/comments/?ids=http://shoguito.com/evangerion-and-highlows/): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/shoguito/shoguito.com/public_html/wp-content/plugins/facebook-like-and-comment/comments.php on line 17

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/shoguito/shoguito.com/public_html/wp-content/plugins/facebook-like-and-comment/comments.php on line 19
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。