親バカなバイリンガル教育の途中経過報告

うちの息子も、もうすぐ1歳半ですよ。


生まれる前から計画していたとおり、息子に対し妻は日本語、私はスペイン語のみで話かけております。
 
 1歳3ヶ月あたりから、順当に日本語の単語を喋るようになってきました。
「ママ」「パパ」「だっくん(だっこ)」「いややー」等。
 
さすがに私、結構仕事で家をあけてますし、ちゃんと息子と接してる時間って結構短いので(毎朝30分ぐらい、あと休みの日ぐらい)スペイン語は難しいのかなーと思ってたんですが・・・
 
なんと!
ウチの天才児は、既に若干のスペイン語を理解するようになってるんですよ!

だっこしながら「ya me voy eh!(もう(仕事に)行くからねー)」と言うと「いややいやや」と言って、ギュッとしがみついてくるようになったんですよ最近!キャー嬉しいわ。


ああーもっと話しかけなきゃなー。

 
あと、座ってって言ったら座るし、立ってって言ったら立つ(気がする)。
 
★★★
 
仕事もがんばらなきゃなんないですが、もっと息子と接する時間も欲しいなあ。と、かなり平均的な父親のような事を考えている私。うーん成長するってこういう事か。
 
さあ、どのタイミングで、ぴいたんの口からスペイン語の単語が飛び出すのか!赤飯を焚く準備して待っております。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。