Category Archives: 本・映画等のレビュー

本・映画等のレビュー

つかこうへい「蒲田行進曲」by劇団風斜レビュー

5月にとある企画で共演させて頂いたりえさんが出演されるとのこと、つかこうへい作品を知りたいなぁと常々思っていたところでもあったので、神戸まで遠征してきました。

read more »

本・映画等のレビュー

あるテーブルについて思うこと-フェルナンド・デルガディージョ

いつもお世話になっております。
箱屋の八代目 堀内です。


最近、再びFernando Delgadillo(フェルナンド・デルガディージョ)にハマっています。メキシコのミュージシャンで、ギター1本で物凄い渋い曲をやるのです。ギターも上手いんですが、詩がまた物凄く良いのです。心の師です。


さて、そんなフェルナンドの曲に、家具ネタのものがあります。 read more »

本・映画等のレビュー

ブレイクスルー、或いは「やめるということ」

小学校か中学校の教科書で、詳しくは忘れたんですが、少年が一心に海を目指して歩き続ける話があったんです。「あの坂を登れば海が見える」と来る坂来る坂を登り、ついには「もう、やめよう」とあきらめそうになる。その時、空に海鳥を見つけてまた立ち上がる・・的な。


もう、やめよう。


当零細ブログで数回採り上げました、タケヤス氏のブレイクスルー、解散するそうです。解散ライブは6月12日、千日前TRIBEにて。

本・映画等のレビュー

【レビュー】(劇)スクエア『ラブ☆ギャラクシー』atABCホール

去年どこぞの集まりでお知り合いになったS氏が音楽を担当されているとの事で、「めっちゃ面白いから!」と太鼓判を押されたので、そりゃあ面白いのだろうと観に行きました。パンフレットの表紙から察するに、コメディだろう、これは・・(それ以外は全く不明・・笑)

本・映画等のレビュー

古荘桃野さんの個展に行ってきました

さて、久しぶりにトーンダウンして・・・


奈良のうさん臭い人々がなんかやっていることで有名な「もちいどの夢キューブ」内のカフェ「SANKAKU」さんで開催されている、古荘桃野さんの個展に行ってきました。

read more »

本・映画等のレビュー

ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』

相方と某Book Offに行き、福引で100円券を引き当て、「好きなの買っていいよ」と許可が出たので、100円均一の単行本コーナーに行き、見つけました。

本・映画等のレビュー

『世界のすべての7月』ティム・オブライエン

同じくティム・オブライエン著『本当の戦争の話をしよう』を読んだときにまず感じたのは、この作者、ほんとに冷酷にリアリズムに徹するというか、徹頭徹尾「隠さない」作家だということです。イヤ、(例えば戦争や、老いていくということが)こういうもんなんだろうという事を、頭の裏ではわかっているつもりなんですが、それをわざわざ活字にされると、「えぇーそこまで書くのかよ・・」と。しかし、とにかく、良著です。

read more »

この人を見よ 本・映画等のレビュー

バンドネオン仁詩とピアノ金益氏のデュオ・もしくは予定調和と非予定調和について

※これは、12月11日に京都シルバーウィングスで行われた、バンドネオン仁詩さん・ピアノ金益さんのデュオコンサートのレビューです。仁詩さん、遅くなってごめんなさい・・・・


この人を見よ 本・映画等のレビュー

【レビュー】M.Locuraを絶賛するエントリ

M.Locuraが凄いです。ほんとに。

本・映画等のレビュー

甲本ヒロト『天国うまれ』が良い

もう4年も前に発表されている、ヒロトのソロ曲。このところ、ずっと頭に響いています。「ドンキホーテ、サンチョパンサ、ロシナンテ&俺」。

最初聴いたとき、「アンド俺」を「アンドレ」と空耳していて、「ドンキホーテの話に”アンドレ”なんて出てきたかね?」と思っていたんですが、アンド俺か・・・不覚。

「叶わない恋もある
あきらめてしまえ
叶わない夢はない
あきらめるな」

このフレーズを、最近失恋気味のM嬢に。