Category Archives: 本・映画等のレビュー

政治的なこと 本・映画等のレビュー

ビットコインが革命的な点をひとつだけ言わせて

今流行りというか、もう流行ってから結構経っているビットコイン。遅ればせながら私もちょっとかじってみようと読んでみたら、これが思いの外すごかったので、そう、一言だけ言わせて欲しいんです。「か、革命やで!革命が起きるで!」

野口悠紀雄『仮想通貨革命』。革命ってまたまた大げさな。と思ってたんですが、、、

read more »

地方行政について 本・映画等のレビュー

これからの日本は観光業で食っていくべきらしい

イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る 雇用400万人、GDP8パーセント成長への提言 (講談社+α新書)

店舗のとなりが前方後円墳という環境で仕事している私にとって、「これから日本は観光業で食っていくべき!」というデービッド・アトキンソン氏のメッセージは熱く響きました。そうだ!観光業だ!(←影響受けやすい人)
read more »

政治的なこと 本・映画等のレビュー 言語とコミュニケーション

(レビュー)『「空気」と「世間」』鴻上尚史

外国人(主に欧米人)に比べて日本人がいかに特殊かという話は、なぜか日本人は大好きで、結論は「だろ?だから日本人はダメなんだよ、欧米を見習わないと!」か「だろ?だから日本人には欧米のやり方は合わないんだよ、このまんまでいいじゃん!」のどちらかになる場合が多いですが、でもここ最近は「だろ?だから日本は実は凄いんだよ、欧米にも認められてるじゃん!」という話が増えてきて、こういう気持ち悪い態度をどうしたらいいんだろうなと考えています。

read more »

本・映画等のレビュー

[レビュー]『独立国家のつくりかた』坂口恭平

タイトルがツボにはまったので読んでみたら、図らずも前回のエントリに対する答えのひとつが書かれていたり、いや、それよりも、このブログを書きはじめたきっかけに関わるテーマについて、あ、そう来るか!という回答を見つけて、かなり興奮しています。久しぶりに、いろんな人におすすめしたい本です。(以下、自分へのメモ)

read more »

本・映画等のレビュー

[レビュー]『つぎはぎだらけの脳と心』

引き続き、脳についての本を一冊。こちらは先日読んだ『脳はなぜ「心」を作ったのか?』よりももっと医学的な描写が多いです。とにかく、タイトルにもあるように、脳という器官は決して完璧に統合され、完璧に機能するシステムではなく、むしろ継ぎ足しに継ぎ足しを重ねて増築された建物のように、ちぐはぐや重複や謎の通路がたくさんあるということ、しかしそれにも関わらず驚異の情報処理能力があるのはどういうことなのか、を、現在わかっていること、わかりつつあること、まだ不明だけど仮説があることを丁寧に、おちゃめな表現を交えながら開陳してくれます。以下、私にとって刺激的だった件をメモ。

read more »

本・映画等のレビュー

[レビュー]『脳はなぜ「心」を作ったのか』(前野隆司)

旧き良きテレビアニメの定番ジョークのひとつに、崖から落ちるー!と思ったらベッドから落ちていた、というのがあります。あれ、私も結構良くやりますが(大抵は、机の上で肩肘ついて居眠りしていて、ガクってするやつですが)、よく考えてみると、おかしいんです。崖から落ちて、目が覚めたらベッドから落ちていた、ということは、崖に辿り着く前に、落ちる(=ベッドから落ちる)というシナリオが脳の中で出来ていた、という事になります。

read more »

本・映画等のレビュー

【本レビュー】デザイン、新・100の法則


私はほんとうにデザイン心というものが無くて、以前中国で作ってもらったソファも、せっかくいい生地を使ってスペックの高いものを作ってもらったのに、結局完売するまで3年もかかってしまいました。何を思ったか、アンティーク風のデザインにしたのが受けなかったようで・・・うーん、デザインって大事だなぁ・・

遅ればせながら、今年からは「デザイン」をちゃんと学びたいと思ったのです。

そして手に取ったこちらの本。数年前に購入しておいて、しっかり読みもせず放置していました。勿体ない。デザイン全般について、実例を交えてすっきりまとまっているので、かなり良いです。

 

read more »

Arts & Crafts 本・映画等のレビュー

今日はディエゴ・リベラの誕生日

Googleのトップページロゴ、何かの記念日に更新されるのがニクいですね。今日のは「ディエゴ・リベラ 生誕125周年」でした。おぉぉリベラ!久しぶりに聞いたこの名前。


★★★

本・映画等のレビュー

DIGITALISMライブにいってきました

先日お伝えしました、出世頭コニーちゃんがドラムで参加しているDIGITALISMのライブに行ってまいりました。

本・映画等のレビュー

DIGITALISMの大阪公演どうでしょう

2009年に、ふらっと福岡へ楽団ひとりを連れてライブしに行ったことがありました。その時に共演(?)したミュージシャンの1人、コニーちゃん(男の子ですが、奇しくも元カノとニックネームが同じ)から久しぶりに連絡がありました。