ニュータイプになれなかった・・・

プジョー307のオープンカー、手放すことにしました。

そもそも、何でこの車に決めたのかというと、


「屋根が自動開閉するところがモビルスーツぽいから」


そして


「赤=シャア専用機だから」

(ジョニーライデン少佐機でも良いが)


1年の搭乗後気づいたのは、この車はニュータイプでしか乗りこなせないという事です。


①非常に狭い。後部座席なんて天井に頭が当たる。

②屋根が空くので、ボディの剛性を高めているので、非常に重いつくりになっている(当然燃費は良くない)

③走行中は屋根を開閉できない=高速にのる前に目的地の天候を察知する第六感が必要

④時速110km以上になると、風の巻き込みがうるさすぎて会話もできないし、目は乾くし、音楽も爆音にしても微かにしか聞こえない。


残念。ニュータイプになりたかった・・・


いずれにしても、次買う車も絶対赤いと思う。そして、落書きしたい、やっぱり。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。