最近のまとめ

2014年に入ってからこっち、なんだか本当にバタバタと忙しかったのですが、ちょっと落ち着いたので、またブログとかいじっています。


ひとつは、書く内容が余りに雑多すぎるので、サブドメインにしてテーマを分けました。

gdh.shoguito.com – 楽団ひとり/とにかく、1人で何でもやっちゃうという寂しい行為いろいろについて。

lng.shoguito.com – 言語、ことば、コミュニケーション。息子のバイリンガル教育含む

cafe.shoguito.com – カフェ・エスプレッソ

ff.shoguito.com – その他こまっしゃくれた事について。地方行政とか本とか。


で、じゃあここには何を書くんだ?となるので、まあ、それぞれのテーマの進捗状況とかを不定期的にまとめようかなと。自分用に。


★★★


この自意識過剰なshoguito.comというドメイン、もう10年近く使ってますが、もぅまさに誰得な感じなんですが、私もいつなんどき生命活動が停止するかわかんないので、ちょっとでも誰かの役に立てるような方向で書いていきたいと思い始めています。(別に変な宗教にハマってるわけではありません。強いて言えばアップル教か・・)どうせまたすぐに違うこと考えて、ごろっと変えちゃったりするんでしょうが、とりあえず、近況です。


★★★

楽団ひとり

ワンマンバンドとしての楽団ひとりはほぼ完全に停止していました。とにかく、時間が無い・・なので、「楽団ひとり」の解釈を広げて、とにかく「人の手を借りるべきところを、いかに1人でやり切るか」を考える行為全てが「楽団ひとり」なのだ、ということにしました。なんだそりゃ。

例えば私 自営業やってますが、うおー忙しい、もう1人じゃ無理だよ、誰かウチで働いてくれないかな・・という状態になっても、今やっている仕事を自動化・効率化し、仕事する場所・時間帯を工夫し、ハイテク機器(表現古いな・・)を駆使し、どうあっても雇用しないという、世の中に貢献しない意地を張り続けるというか。1杯のコーヒーを淹れるのに、豆の焙煎からやっちゃうとか、もっとさかのぼって豆の栽培からやっちゃうとか。限りある時間のなかで、いかに自分ひとりだけで完結していけるかを目指すんです。

なんか出世できなさそうな思考ですが、仕方無いです。


さて本題に戻って、楽団ひとり。息子のために、紙芝居作り始めました。紙芝居のページを繰りながら演奏するとなると、プレゼンテーション形式にして、指にはめるマウスでこそこそクリックしてスライドを改ページするとかかな・・と考えています。


幼児のバイリンガル教育について

バイリンガル教育の途中経過:2歳目前 ←これ書いてたときは「うおーうちの子天才だー!ww」といい気になっていたのですが、現在2歳と1ヶ月、徐々に課題が出てきました。日本語の伸びがハンパないのに、スペイン語がなかなか伸びてこない、特に動詞。活用もままならない。上の「紙芝居」は、これを打開するためという狙いもあります。


『つぎはぎだらけの脳と心』が刺激的だったので、最近 脳についていろいろ読んでいます。興味あるのは2つ:「幼児期の言語の発達と脳の神経回路の発達の相互関係」もうひとつは「前頭前野の発達と「魔女狩り」の集団心理」。前者については、ウィトゲンシュタイン的な、「語りえないことについては人は沈黙せねばならない」的なものが、神経回路の接続時期の研究とリンクなんかしてたら最高!なんて思ったり。後者は脱原発や集団的自衛権にからむ議論を横目で見ながら考えたり。


カフェ

2年程前に「ウチの家具屋、カフェに改造するぜ!」と言ったっきり、なかなか何も進んでませんでしたが、ちょっと進みました。もうちょっと片付けて、壁をつければだいたい完成なんですが、壁の見積もりはいただきましたが、このリターンゼロの投資をどこでやるかが問題です。二の足踏んでいます。あ、あと、カフェに置くピアノをずっと探していたんですが、こないだ、拾いました。1960年代製のカワイピアノ。一応鳴りますが、調律・セッティングしないとダメですね。調律師の方いらっしゃいましたら、相談乗ってください・・と、一応書いてみる。

 


最近の私、こんな感じです。今年に入って引きこもってばかりいましたが、ぼちぼちいろいろやりますので、よろしくお願いします。手始めは8月9日、皆で奈良公園の燈花会に行きますので、よかったら是非。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。